商品を探す

最大用紙サイズから探す

ご希望のサイズから選択ください。
関連する製品の一覧へリンクします。

メーカーから探す

ご希望のメーカーから選択ください。
関連する製品の一覧へリンクします。

用途から探す

ご希望の用途から選択ください。
関連する製品の一覧へリンクします。

業種から探す

ご希望の業種から選択ください。
関連する製品の一覧へリンクします。

目的から探す

ご希望の目的から選択ください。
関連する製品の一覧へリンクします。

インクの種類から探す

ご希望のインクの種類から選択ください。
関連する製品の一覧へリンクします。

その他プリンターから探す

その他のプリンターから選択ください。
関連する製品の一覧へリンクします。

比較表に追加しました。 比較表一覧を見る 閉じる

製品概要

メーカー ローランド(Roland DG) 用途 3D切削加工機 色数
出力スピード インクコスト - サイズ その他

立体物を削りだして造形する3D切削加工機「SRM-20」なら、
思い浮かんだアイデアをより高精度に立体化。組み上げたワーキングモデルで、嵌合や構造、動作チェックなど使いやすさの検証までプロトタイプで行えます。

※1 運送費などの諸経費別

SRM-20


特長

SRM-10 コンセプト動画

オフィスにも置けるクリーン&安心設計

加工時に発生する切削屑や粉塵の飛散を防ぐフルカバー構造による防塵設計です。また、集塵トレイを標準で装備しているため、オフィスに置いたときにも安全でクリーンな環境を保ちます。

さらに進化したコンパクトな切削加工機

オフィスにも手軽に置けるデスクトップサイズの3D切削加工機「SRM-20」。機構部分をはじめ、スピンドルユニットやツールコレットを新たに設計し、出力制御を行うソフトウェア分解能を従来機*の約2.5倍にアップ。切削精度が向上し、加工表面がよりなめらかに仕上がります。ケミカルウッドやモデリングワックスなど幅広い材料を切削でき、最終に近い素材で試作が行えます。また、オプションで刃先の形状やサイズの異なるエンドミルを使用でき、細部まで高精度に仕上げられます。

シンプルな操作体系で切削加工を効率化

パソコン画面から手軽に操作できる「VPanel」を搭載。4方向のカーソル移動や速度調整により、原点を効率よく設定できます。また、加工途中のスピンドルの回転数や加工速度の変更(オーバーライド機能)も可能。材料や加工状況に合わせて、回転数や速度を変えられるため、加工時間の短縮やより精度の高い仕上がりを実現します。

製品スペック

用紙サイズその他
インクの種別その他
電源・電圧本体:DC24V、2.5A
専用ACアダプター: AC 100V±10%、50/60Hz
消費電力約55W
本体サイズ451.0(幅)×426.6(奥行)×426.2(高さ)
本体重量19.6kg
同梱品

ACアダプター、電源コード、USBケーブル、切削ツール、コレット、セットスクリューネジ、スパナ(10mm /7mm )、六角レンチ(対辺3 mm / 対辺2 mm)、位置決め用ピン、両面テープ、Start-upページ案内カード、「はじめにお読みください(冊子)」

稼動音動作時(非切削時):65dB(A)以下、待機時:45dB(A)以下
備考

■加工可能な材質:ケミカルウッド、モデリングワックスなどの樹脂(金属は対象外)、工作用基板
■XYZストローク:203.2(X)×152.4(Y) ×60.5(Z)mm
■コレット先端からテーブルまでの距離:最大130.75mm
■ワークテーブルサイズ:232.2(X)×156.6(Y)mm
■取付可能なワーク質量:2kg
■XYZ軸駆動方式:ステッピングモーター
■動作速度:6~1800mm/min
■ソフトウェア分解能:0.01mm/step(RML-1)、 0.001mm/step (NCコード)
■機械的分解能:0.000998594mm/step
■スピンドルモーター/最高回転数:DCモーター 380タイプ/7,000 rpm
■切削ツールチャック:コレット方式
■インターフェース:USB
■制御コマンド:RML-1、NCコード

カタログPDF

カタログPDF

お気軽にお見積りください。リース価格も承ります!

最安値保証します。

入力内容の確認

必須項目残り: 0
製品名 任意
見積り依頼 必須   
お名前 必須 姓 :   名 :
会社名必須 ※個人のお客様は「個人」と入力して下さい。
郵便番号 任意 〒  ※郵便番号で住所を自動入力します
都道府県 必須
電話番号 必須
メールアドレス 必須
検討段階 必須
問合せ内容・備考 任意
※その他ご質問・備考等ございましたら、ご記入下さい。

ご入力いただいた情報の管理について
詳細

ページトップへ