大判プリンター比較トップ

大判プリンター・プロッターの納品実績1,000台以上!

HP

ラテックスプリンター

経営から現場まですべてを魅了するプリンター

よくあるご質問

Latex オプティマイザーについてよくあるご質問です。該当する質問を選択ください。

Latex オプティマイザーについて

Qオプティマイザーとは何ですか?

A第三世代Latexは、Latexオプティマイザーによって、高速印刷・高品質を実現しています。
オプティマイザーは、無色透明な正電荷ポリマーと水性の補助溶媒(80%以上が水)で構成されています。
素材表面で、オプティマイザーと顔料粒子が反応し、顔料粒子を瞬時に固定します。
つまり、高速で印刷しても、にじみやインクドロップの結合(コアレッセンス・もたれ)が生じません。
また、Latexオプティマイザーによって、低温硬化が可能になり、より幅広い素材対応を実現。
より効率的な硬化システムによって低消費電力を実現しました。

Qオプティマイザーの環境特性はどうなっていますか?

Aオプティマイザーの環境特性は、ほかのLatexインクと同じです。
水性のLatexインクは無臭で、特別な換気設備は不要です。危険物警告表示ラベルもありません。
有害性大気汚染物質(HAP) やニッケルを含みません。
UL ECOLOGO認証、GREENGUARD Gold基準ならびにAgBB基準にも準拠しています。

Qオプティマイザーによって、印刷コストが増えますか?

Aオプティマイザーの使用量は、ほとんどの素材で、総インク量(インク+オプティマイザー)の12%です。
オプティマイザーによって、カラーインクの使用量を抑えることができるため、総インク量はほぼ同等です。
印刷コストが増えることはありません。

Q印刷によって、オプティマイザーの量を調整する必要はありますか?

A適切なオプティマイザーの量は、素材の種類、印刷速度(パス数)、
インク量に依存しますが、テスト済みの素材プリセットを使用する場合、調整は必要はありません。
最適な素材プリセットを選択するだけです。
(Latex 260などのハーフトーンプリンターでは、RIPから調整し、試行錯誤する必要があったかもしれませんが、
300シリーズは、プリンター内に、最も良い品質を保証する素材プリセットが定義されます。)
オプティマイザーの量は、ユーザー自身でも調整できますが、経験を積んだユーザーにのみお勧めします。

ラテックスプリンターについて

Latex オプティマイザーについて

硬化システムについて

印刷システムについて

電源について

スピンドル・素材の取り扱いについて

素材について

インクコレクターについて

素材プリセット・フロントパネルについて

プリントヘッドについて

インクについて

カラーキャリブレーションについて

ICCプロファイルについて

カラーマネージメントについて

RIPについて

メンテナンスについて

保守・サポートについて

配送・設置について

その他

ラテックスプリンターについてご相談お見積もり実機見学はこちら

お電話によるお問い合わせ

TEL 0120-522-664

※スマホの方も電話タップで電話をかけられます。

メールによるお問い合わせ

ご相談・資料請求・実機見学
  1.  >
  2.  >
  3. Latex オプティマイザーについて