大判プリンター比較トップ

大判プリンター・プロッターの納品実績1,000台以上!

HP

ラテックスプリンター

経営から現場まですべてを魅了するプリンター

よくあるご質問

硬化システムについてよくあるご質問です。該当する質問を選択ください。

硬化システムについて

Q硬化システムは何が変わったのですか?

A300シリーズの硬化モジュールは、輻射式ヒーターから対流式ヒーターに変わりました。
硬化システム内に複数の硬化モジュールを持っており、それぞれが温度センサーによって管理されています。
硬化モジュールによって、硬化システム内部の圧力を上げて、数百の小さい穴から熱風を吹きつけることで、
全体を均一な温度で硬化させるシステムになっています。

Q印刷の左右が硬化しない場合がありましたが改善していますか?

A左右の温度が低下する。ばらつきが生じる等の問題は改善しました。
また、熱風を硬化システム内で循環させることで、効率的な温度上昇、低温硬化(従来より20°C低い硬化温度)、
省電力を実現しています。

Q硬化温度はどこの温度を指しているのですか?

A素材の表面温度ではなく、硬化システム内部の温度を示しています。

Q印刷中に温度を変更できますか?

Aはい。プリンターのフロントパネルから、印刷中に硬化温度を変更できます。
変更は印刷中のジョブに反映されるとともに変更を保存することで、その後のジョブにも適用されます。
(RIPから変更する必要は無くなりました。プリンター操作だけで簡単に変更を保存できます)
また、素材送り調整やパス間遅延オフセット、バキュームも印刷中に変更できます。

Q印刷開始までどのくらい時間がかかりますか?

A- ウォームアップ: 1.5 分(260では8分以上)
- スリープモードからの復帰+ ウォームアップ: 3 分
- コールドスタート(プリンターの電源が切っている状態)+ ウォームアップ: 7 分
対流式ヒーターが、数秒で発熱し、効率の良い硬化システムによって、ウォームアップが大幅に短縮。

ラテックスプリンターについて

Latex オプティマイザーについて

硬化システムについて

印刷システムについて

電源について

スピンドル・素材の取り扱いについて

素材について

インクコレクターについて

素材プリセット・フロントパネルについて

プリントヘッドについて

インクについて

カラーキャリブレーションについて

ICCプロファイルについて

カラーマネージメントについて

RIPについて

メンテナンスについて

保守・サポートについて

配送・設置について

その他

ラテックスプリンターについてご相談お見積もり実機見学はこちら

お電話によるお問い合わせ

TEL 0120-522-664

※スマホの方も電話タップで電話をかけられます。

メールによるお問い合わせ

ご相談・資料請求・実機見学
  1.  >
  2.  >
  3. 硬化システムについて