大判プリンター比較トップ

大判プリンター・プロッターの納品実績1,000台以上!

HP

ラテックスプリンター

経営から現場まですべてを魅了するプリンター

よくあるご質問

印刷システムについてよくあるご質問です。該当する質問を選択ください。

印刷システムについて

QOMASが無い310/330はバンディングや素材送り精度の問題が発生しやすいのでしょうか?

A乾燥ヒーターが無くなったことで(素材の膨張が大幅に低減)、
310/330の印刷速度であれば、OMASが無くても、安定した素材送りが可能になりました。
360は、60ips高速印刷で正確な素材送りを行うため、また、両面印刷に対応するためにOMASを搭載しています。
ただし、310 / 330 で新しい素材をテストする際には、素材送り調整キャリブレーションを実行し、
最適な素材送り補正値を確認・設定することをお勧めします。
また、環境変化や状態変化が生じた際には、再キャリブレーションまたは印刷中の
素材送り補正値の修正が必要になる場合があります。

Qフチ無し印刷はできますか?

A360でインクコレクターを使用した場合のみフチ無し印刷を行うことができます。

Qフチ無し印刷によって、タイル案件をカットせずに施工できますか?

Aいいえ。印刷イメージは僅かにオーバープリントされるため、
カットせずにタイルの貼り合わせを行うことはお勧めしません。

Qバナー使用時の2パスモードの品質はどうですか?

A印刷品質は、視認距離およびエンドクライアントが許容する品質によりますが、
バナー屋外用途の最終生産は少なくとも4または6パスをお勧めします。
クイックガイドの推奨視認距離を参照してください。

Q巻き取りリールによって、無人印刷できますか?

Aはい。素材ロールのすべてを巻き取って、無人で印刷できます。
Latex 280と同様に光学センサーによってテンションバーの位置を検出、
より正確なテンションを保ちことができるようになりました。
ただし、無人印刷に十分なインク残量があることを確認してください。

Q内蔵カッターはどんな素材をカットできますか?

A360のみに内蔵カッターが搭載されています。
すべての紙ベース、塩ビ、バックライト、合成紙をカットできます。
バナーやテキスタイルはカットできないため、手動のカットが必要です。

Qスタンドについているバーは何ですか?

A不要な横揺れを防ぐためのクロスバーです。
クロスバーによる補強によって、印刷中のプリンターは非常に安定しています。
わずかな揺れがある場合も印刷品質に影響はありません。

ラテックスプリンターについて

Latex オプティマイザーについて

硬化システムについて

印刷システムについて

電源について

スピンドル・素材の取り扱いについて

素材について

インクコレクターについて

素材プリセット・フロントパネルについて

プリントヘッドについて

インクについて

カラーキャリブレーションについて

ICCプロファイルについて

カラーマネージメントについて

RIPについて

メンテナンスについて

保守・サポートについて

配送・設置について

その他

ラテックスプリンターについてご相談お見積もり実機見学はこちら

お電話によるお問い合わせ

TEL 0120-522-664

※スマホの方も電話タップで電話をかけられます。

メールによるお問い合わせ

ご相談・資料請求・実機見学
  1.  >
  2.  >
  3. 印刷システムについて