大判プリンター比較トップ

大判プリンター・プロッターの納品実績1,000台以上!

HP

ラテックスプリンター

経営から現場まですべてを魅了するプリンター

よくあるご質問

プリントヘッドについてよくあるご質問です。該当する質問を選択ください。

プリントヘッドについて

Qプリントヘッドはどのくらいで交換する必要がありますか?

Aプリントヘッドの保証は、記載されている保証期限または使用量1,000mlに達するまでのいずれか早い方です。
交換の目安は、求める品質および使用状況により異なります。
平均的な使用条件で約4,000mlの目安です。

Q書き始めでヘッドがクラッシュする場合がありましたが対策は取られていますか?

Aヘッドクラッシュの多くはエッジホルダー・巻き取りリールの使用、バキュームの調整によって回避できます。
また、書き始めのクラッシュを回避するために、自動的に書き始めだけ低速で印刷する(パス間遅延オフセットを適用する)
セーフジョブスタートの設定があります。

Q印刷中にインクカートリッジを交換できますか?

A印刷中にインクカートリッジ残量が無くなると、プリンターは、印刷を一時停止し、警告を表示します。
30分以内にインクカートリッジを交換すると印刷を再開します。

Qライトインクを取り付けずに4色モードで使用できますか?

Aいいえ。4色モードで印刷する場合も、ライトインクカートリッジを取り付ける必要があります。

Q競合他社の溶剤機の印刷解像度は1440dpiなのに、なぜHP Latexは1200dpiなのですか?

AHP831 Latexプリントヘッドは実際の印刷解像度で1200 dpiを実現しています。
溶剤機のピエゾプリントヘッドの実際の印刷解像度は180 dpi または360 dpiです。
1440 dpiを実現するために、ソフトウェア制御しています。(高解像度のグリッドを形成するためにパスをインターレースしています)
このプロセスは、完璧な素材送り精度を必要とするため、実際の制御は困難です。
(競合他社は素材送り制御に光学センサーも使用していません)
つまり、競合他社の印刷解像度は、安定した1440 dpi を保証するものではないと言えます。

Qなぜ小さいインクドロップサイズを使用しないのですか?

Aいくつかの理由がありますが、主な理由は、HP プリンティングテクノロジーとライトインク(Lc & Lm)によって、
より小さいインクドロップサイズを採用している競合他社のCMYKプリンターと同等の解像感を得ることができるためです。

ラテックスプリンターについて

Latex オプティマイザーについて

硬化システムについて

印刷システムについて

電源について

スピンドル・素材の取り扱いについて

素材について

インクコレクターについて

素材プリセット・フロントパネルについて

プリントヘッドについて

インクについて

カラーキャリブレーションについて

ICCプロファイルについて

カラーマネージメントについて

RIPについて

メンテナンスについて

保守・サポートについて

配送・設置について

その他

ラテックスプリンターについてご相談お見積もり実機見学はこちら

お電話によるお問い合わせ

TEL 0120-522-664

※スマホの方も電話タップで電話をかけられます。

メールによるお問い合わせ

ご相談・資料請求・実機見学
  1.  >
  2.  >
  3. プリントヘッドについて