大判プリンター比較トップ

大判プリンター・プロッターの納品実績1,000台以上!

HP

ラテックスプリンター

経営から現場まですべてを魅了するプリンター

よくあるご質問

カラーマネージメントについてよくあるご質問です。該当する質問を選択ください。

カラーマネージメントについて

Q緑や茶色、紫のベタに硬化の問題が発生する場合がありましたが、300シリーズではどうですか?

Aテスト済みの素材および素材プリセットでは、このような色にも問題は見られません。

Qハーフトーンとコントーンの違いは何ですか?

Aハーフトーンプリンターでは、カラーマネージメントおよび印刷ワークフローのほとんどがRIPによって制御されます。
メディアプロファイルは、素材とプリントモードの組み合わせ毎にRIPで管理されます。
コントーンプリンターでは、カラーマネージメント、印刷ワークフローのほとんどがプリンター内で行われます。
素材プリセットはプリンターによって管理されます。
素材プリセットの作成、パラメーターの調整はプリンターのフロントパネルから実行できるようになりました。
印刷ボタンをクリックしてから印刷が始まるまでの時間も大幅に短縮されました。

Qコントーンになったことのデメリットはありますか?

A任意のカラーセパレーション(ライトインクの調整など)の調整はできなくなりました。
ライトインクの使用量を減らすとランニングコストは下がりますが、粒状感が増加します。
ライトインクを使用しない4色のみのプリントモードが用意されています。

Q新しい素材を作成する際のテストイメージはどのようなディザリングが使用されていますか?

A高度な誤差拡散法によってディザリングが行われます。
HPカラーエンジニアによってLatexインクでの品質に最適化された設定で調整されています。
このディザリング手法はASIC(特定用途向け集積回路)のような専用電子基盤を必要とし、
ソフトウェアによる制御はできません。

Q他のHP Latex プリンターのエミュレーションモードはありますか?

A現時点では「エミュレーションモード」は提供していません。
カラーキャリブレーションソリューションは、HPパートナー(例えばGMG)によって提供されています。
さらに詳しいサポートが必要な場合、エミュレーションプロセスの支援ができる販売店の
カラーエキスパートに相談してください。

ラテックスプリンターについて

Latex オプティマイザーについて

硬化システムについて

印刷システムについて

電源について

スピンドル・素材の取り扱いについて

素材について

インクコレクターについて

素材プリセット・フロントパネルについて

プリントヘッドについて

インクについて

カラーキャリブレーションについて

ICCプロファイルについて

カラーマネージメントについて

RIPについて

メンテナンスについて

保守・サポートについて

配送・設置について

その他

ラテックスプリンターについてご相談お見積もり実機見学はこちら

お電話によるお問い合わせ

TEL 0120-522-664

※スマホの方も電話タップで電話をかけられます。

メールによるお問い合わせ

ご相談・資料請求・実機見学
  1.  >
  2.  >
  3. カラーマネージメントについて