【大公開】グラフィック 大判プリンターを3社を徹底解剖
比較表に追加しました。比較表一覧を見る閉じる

製品概要

メーカー ミマキ(Mimaki) 用途 アクリル板などの特殊な素材プリント 色数 8色
出力スピード

最大23.6㎡/h

インクコスト - サイズ スーパーワイド

様々な素材に合わせてUVインクプリントが可能。硬化UVインクはアクリル板やアルミ複合板、スチレンボード、コートボールなど。
柔軟UVインクは塩ビフィルムを使った車両ラッピング、パッケージ、バナーなども可能です。
「この素材は可能なの?」などございましたらお気軽にお問合せください。

※1 運送費などの諸経費別

特長

プラスされたプリント速度

プラスされたプリント速度

今までにないハイスピードプリント時でも、プリント後にUV光を照射しインクを2次硬化させるポストキュアユニット(2次硬化ユニット)を標準装備。短納期が求められるビジネスシーンで、より素早くニーズに応える高速プリントを実現します。

プリントスピード

プリントスピード

ポストキュアユニット

インクの硬化をさらに促進、高速プリントを実現

ポストキュアユニットを使用した場合、ポストキュアユニットの奥行分だけ縦方向の最大作図範囲が狭くなります(手前側で150mm、奥側で250mm、計400mm短縮)。

高速モードへの切り替え時に原点が自動的にオフセットされ、作図範囲を越えた絵は、プリンタ側でカットされてしまいますのでご注意ください。

※下右図はJFX-1631plusの最大作図範囲の変化を示すイメージです。

最大作図範囲の変化を示すイメージ

素材/用途に合わせた各種UVインク

LH-100 硬質UVインク(C/M/Y/K/W/Cl)

インクに硬度があり、耐擦過性や耐薬品性が高く、発色、色彩再現性が優れています。

●用途:アクリル板、アルミ複合板、スチレンボード、コートボールなど

LF-140 柔軟UVインク※1(C/M/Y/K/Lc/Lm/W/Cl※2

CMYK+LcLmの6色対応でグラデーション表現に強く、粒状感も少ない。

LH-100に比べて柔軟性があり、後加工時にインク割れが発生しにくい。

●用途:軟質プラ製品、革、パネル類、メンブレンスイッチなど

LF-200 柔軟UVインク※1(C/M/Y/K/W)

2倍に伸びる性能があり、曲面施工、折加工が多用される場合でも、インク皮膜が割れず美しく仕上がります。

●用途:塩ビフィルムを使った車両ラッピング、パッケージ、バナーなど

製品スペック

最高解像度300×600dpi、450×600dpi、600×600dpi、 600×1,200dpi、1,200×1,200dpi
印刷速度

最大23.6㎡/h

用紙サイズスーパーワイド
インクの色数8色
インクの種別UVプリンター
インク容量600mlインクパック
硬質UVインク LH-100インク(6色:C/M/Y/K/W/Cl)
柔軟UVインク LF-140インク(7色:C/M/Y/K/Lc/Lm/W)、LF-200インク(5色:C/M/Y/K/W)
電源・電圧単相 AC200-240V 50/60Hz
消費電力2.0kVA以下
本体サイズ4,200×4,300×1,600mm
本体重量1,613kg (Yバー部 313kg、テーブル部 1,300kg)
備考

■最大作図範囲(W×D):1,602×3,100mm

ポストキュア使用時:1,602×2,700mm

■直角度:±0.5mm/500mm

■メディア仕様

サイズ(W×D):1,644×3,194mm

厚さ:50mm以下

重量:50kg(均一な荷重の場合)

■UV装置:LED-UV方式

標準耐用時間※1:約10,000時間

■インターフェース:USB2.0

カタログPDF

カタログPDF

お気軽にお見積りください。リース価格も承ります!

最安値保証します。

入力内容の確認

ページトップへ