大判プリンター選定を無料サポート!複数メーカーからベストなご提案

  • あなたにぴったりの1台がみつかります
  • 大判プリンターの選定を無料サポート
  • ラテックスプリンターで溶剤と内製6つの悩みを解決!
  • 【非公開あり】グラフィック 大判プリンターを3社を徹底解剖
  • 溶剤プリンターの決定版!エプソンのSC-S80650!3年後を見据えた溶剤プリンターの投資なら今
  • M-64OKI 

プリンターランキング ランキング一覧

グラフィック系ランキング

CAD系ランキング

溶剤・LATEX系ランキング

特殊プリンター系ランキング

Tシャツプリンター系ランキング

ランキングをもっと見る

大判プリンターブログ|活用方法やセミナー案内 記事一覧

大判プリンターを導入したお客様インタビュー インタビュー一覧

納期スピードがアップ! 壁紙事業を拡大予定です。 自社で質の高い販促物を、より安く制作できました! ラテックスプリンターを導入されたお客様インタビュー


各メーカー、価格、保守、ランニング、コスト、実績などを7つの指標からメーカー比較。
各メーカー、価格、保守、ランニング、コスト、実績などを7つの指標からメーカー比較。

特殊プリンターのご紹介

取り扱うのインクジェットプリンターだけではありません。今話題の3Dプリンターや、お菓子にプリントできるプリンター、オリジナルTシャツが作成できるプリンター、スマホ印刷可能なプリンターなど、様々なプリンターもご用意しております。


新着情報 もっと見る

よくあるご質問 もっと見る

  • 購入後、取扱いについてお聞きすることは可能でしょうか?
    1. 可能です。弊社営業担当にてご対応します。またご成約頂いたお客様で初めての導入のお客様には動画などのコンテンツもご準備しております。
  • 購入するときに、どの様な支払い方法になりますか?
    1. 大きく3つあり請求書による前払い、リース契約による支払い業務用クレジットによる支払いとなります。 T520やiPF670などの機種によってはクレジットカードによる支払いも可能です。できる限りご要望に合わせたお支払方法で柔軟に対応させて頂きたいと思います。まずはご相談ください。
  • 機械の故障やメンテナンス・保守契約はございますか?どのような内容ですか?
    1. 保守契約は各メーカーごとにございまして、購入同時の申し込みがお得な5年保守などもご用意があります。
      基本的には本体価格に1年間の保守が含まれている場合もありますが、機種によっては含まれておらず、保守契約が必須のプリンターもあります。
      保守内容もメーカーによって様々です。故障の際は当日伺うメーカもあれば翌日のメーカーもございます。症状によりますが、保守サービスに加入せず、スポットで修理依頼をした際には各メーカー約5万円程は最低でも必要になってきます。保守に加入していれば、電話一本で早ければ当日全ての不安を解消することが可能です。加入をおすすめしております。まずはお気軽にご相談ください。
  • 送料はどのくらいかかりますか?
    1. 機種の大きさや送り先によって異なりますので、別途ご確認下さい。
      メーカーによって異なりますが、本体価格に送料が含まれている場合がほとんどです。(沖縄、離島を除く)
      搬入作業や、組み立て、PCとの接続などは別途御見積とさせて頂きます。
  • 前機種の引き取り廃棄は可能ですか?
    1. ご購入頂くプリンターと同サイズ以下であれば可能です。(別途料金かかります。)それ以上の場合は都度見積となります。
  • ロール紙やインクなどの消耗品の注文は可能ですか?
    1. 弊社にて可能です。プリンターのインクを始め、弊社はインクジェットメディアメーカーのためロール紙も普通紙、光沢紙、厚手マットなど安価なものから豊富なラインナップがございます。 プリンター本体の販売のみならず、その後のランニングコストの削減など幅広いラインナップでお役にたてます。 全国トップクラスの販売量がありますので、ますばご相談ください。
  • 日本語の取り扱い説明書は、ありますか?
    1. ご安心ください。日本のメーカーはもちろん海外のメーカにも説明書は御座います。

大判プリンター比較.jpでは多くの商品を掲載しております。
大判プリンター(プロッター)の選ぶ基準としてどのような印刷物を出力するかで大きく
変わっていきます。建築・土木工事現場の図面使用するCADやGIS。線画の精度が最も重要視されます。

それとも色鮮やかな写真やグラフィックの販促用・POP・ポスターなのか。
耐水性に優れた屋外サイン、ディスプレイ、広告と大きく3つの市場に分かれます。用途に選択する基準も変わってきます。
初期にかかるコストはもちろん、その先の消耗品(サプライ)のコストパフォーマンスや実際の機器の操作性なども
選ぶうえでの基準になります。

お客様が満足する大判プリンターご提案

ページトップへ