商品を探す

最大用紙サイズから探す

ご希望のサイズから選択ください。
関連する製品の一覧へリンクします。

メーカーから探す

ご希望のメーカーから選択ください。
関連する製品の一覧へリンクします。

用途から探す

ご希望の用途から選択ください。
関連する製品の一覧へリンクします。

業種から探す

ご希望の業種から選択ください。
関連する製品の一覧へリンクします。

目的から探す

ご希望の目的から選択ください。
関連する製品の一覧へリンクします。

インクの種類から探す

ご希望のインクの種類から選択ください。
関連する製品の一覧へリンクします。

その他プリンターから探す

その他のプリンターから選択ください。
関連する製品の一覧へリンクします。

比較表に追加しました。 比較表一覧を見る 閉じる

A0プリンター

A0サイズについては各プリンターメーカーごとに若干表現が異なっています。
主なメーカーでは、エプソンは「A0 PLUS」、キヤノンは「A0ノビ」、HPは「A0プラス」または「36インチ」となっています。いずれも914mm幅が最大用紙サイズとなっています。
以前はA1・B0に比べ、A0プリンターの機種は少なかったですが、近年は増えつつあります。

A0サイズプリンターについての補足情報

A0サイズプリンターの主な用途

A0サイズA1とB0の中間機種で、図面・ポスターなどの印刷が主な用途です。A0サイズは学校などで使われるいわゆる「模造紙」のサイズで、A0プリンターはこの模造紙にそのまま印刷が可能です。

印刷枚数

A0サイズのロール紙を用いて印刷する場合、印刷可能な枚数はおおよそ下記の通りです(条件によって異なります)。また、横向きに印刷すると、ちょうどA0サイズで印刷することも可能です。

ロール紙の仕様 A0 A1
A0幅・30M巻き 24枚前後 48枚前後
A0幅・50M巻き 40枚前後 83枚前後

搬入・設置場所について

A0プリンターは、幅が1.5程度、重さは100kgを超えるため、搬入・設置にあたっては考慮に入れておく必要があります。2F以上(もしくは地下)の場合、エレベーターに乗るかどうかがポイントです。エレベーターに乗らない場合は、階段を引き上げるか、屋外からクレーン等で搬入する必要があります。この場合、通常より多めの費用が必要な場合があるため、事前の確認をしておく必要があります。
また、重量があるため、移動が難しいケースもあります。前後左右にあらかじめメンテナンス用のスペースを確保しておくことをおすすめします。

その他

A0プリンターはA1・B0に比べラインナップは少なかったですが、中間を埋めるサイズとして近年は徐々に増えつつあります。

ページトップへ