グラフィック大判プリンターを徹底解剖

業界初!?

3大メーカーのプリンターを独自調査と、
これまでノウハウで徹底解剖!

大判プリンター比較.jpはこれまで1,500台以上も販売してきた経験とノウハウが 蓄積されております。それをもとに各メーカーをフラットに比較。
お客様のプリンター選びにお役立てください。

A1 ニーズ別ランキング

インクのランニングコストを安くしたい

  • A1大判プリンターランニングコスト1位

    HP Z2600PS

    Z2600PS

    インクコスト ¥59/1枚(A1)

    本体価格
    ¥356,000
    5年保守
    ¥70,000
    合計
    ¥426,000
    製品詳細はこちら
  • 2位

    EPSON SC-P6050

    SC-P6050

    インクコスト ¥66/1枚(A1)

    本体価格
    ¥348,000
    5年保守
    ¥117,600
    合計
    ¥465,600
    製品詳細はこちら
  • 3位

    Canon iPF6400SE

    iPF6400SE

    インクコスト ¥74/1枚(A1)

    本体価格
    ¥348,000
    5年保守
    ¥110,000
    合計
    ¥458,000
    製品詳細はこちら

クオリティにこだわりたい

イニシャルコストを安くしたい(5年保守)

印刷スピードを早くしたい 条件:A1サイズ・マット紙(はやい)

グラフィックが色褪せしない高い耐候性

B0 ニーズ別ランキング

インクのランニングコストを安くしたい

  • インクの安さ1位

    HP Z5600PS

    Z5600PS

    インクコスト ¥39/1枚(A1)

    本体価格
    ¥598,000
    5年保守
    ¥74,000
    合計
    ¥672,000
    製品詳細はこちら
  • インクの安さ2位

    EPSON SC-P10050

    SC-P10050

    インクコスト ¥60/1枚(A1)

    本体価格
    ¥798,000
    5年保守
    ¥360,000
    合計
    ¥1,158,000
    製品詳細はこちら
  • インクの安さ3位

    HP Latexプリンター315

    LX315

    インクコスト ¥67/1枚(A1)

    本体価格
    ¥1,980,000
    5年保守
    ¥717,600
    合計
    ¥2,697,600
    製品詳細はこちら

クオリティにこだわりたい

イニシャルコストを安くしたい(5年保守)

印刷スピードを早くしたい 条件:A1サイズ・マット紙(はやい)

グラフィックが色褪せしない高い耐候性

印刷スピード比較

スピード王決定!印刷スピードの計測条件を統一。

スピード王決定!印刷スピードの計測条件を統一。

これまで各メーカーの条件はどれもバラバラで、比較するには誤差がありました。そこで弊社では各機種の印刷条件を統一し計測。
用紙は光沢紙とマット紙の2種、データは2種類。1機種あたり4つの条件での数値を発表します。
御社がどの条件での出力が多いかイメージしつつコスト比較すると自ずと機種が見つかるはず!

計測条件 出力サイズ 計測条件 スピード計測基準
A1/枚 出力データ(スピード) 印刷ボタンを押してから、オートカットされるまでの時間を測定

A1プリンター

条 件 

 機 種

グラフィックデータ グラフィックデータ 赤ベタ 赤ベタ 商品ページ
光沢紙(きれい) マット紙(はやい) 光沢紙(きれい) マット紙(はやい)
Canon iPF6400SE iPF6400SE 6分11秒 1分20秒 6分44秒 1分26秒 製品詳細はこちら
Canon iPF6400S iPF6400S 4分26秒 1分29秒 5分3秒 1分13秒 製品詳細はこちら
EPSON SC-T3250 SC-T3250 3分45秒 1分40秒 4分11秒 1分50秒 製品詳細はこちら
HP DesignJet
Z2600PS
Z2600PS
4分50秒 1分40秒 5分30秒 1分53秒 製品詳細はこちら
Canon PRO-2000 PRO-2000 6分33秒 2分1秒 7分3秒 2分22秒 製品詳細はこちら
EPSON SC-P6050 SC-P6050 8分12秒 3分3秒 9分9秒 3分12秒 製品詳細はこちら


B0プリンター

条 件 

 機 種

グラフィックデータ グラフィックデータ 赤ベタ 赤ベタ 商品ページ
光沢紙(きれい) マット紙(はやい) 光沢紙(きれい) マット紙(はやい)
Canon iPF8400SE iPF8400SE 6分11秒 1分20秒 6分44秒 1分26秒 製品詳細はこちら
EPSON SC-P10050 SC-P10050 2分12秒 1分18秒 2分28秒 1分26秒 製品詳細はこちら
HP DesignJet
Z6200
Z6200
3分38秒 1分18秒 4分33秒 1分48秒 製品詳細はこちら
EPSON SC-T7250 SC-T7250 3分45秒 1分40秒 4分11秒 1分50秒 製品詳細はこちら
HP Latex315 Latex315 3分54秒 3分55秒 製品詳細はこちら
hp DesignJet
Z5600PS
Z5600PS
4分50秒 1分40秒 5分30秒 1分53秒 製品詳細はこちら
Canon PRO-4000 PRO-4000 6分33秒 2分1秒 7分3秒 2分22秒 製品詳細はこちら
Canon PRO-4000S PRO-4000S 4分4秒 53秒 3分59秒 57秒 製品詳細はこちら
EPSON SC-P8050 SC-P8050 8分12秒 3分3秒 9分9秒 3分12秒 製品詳細はこちら

インクコスト比較

インクコストはコスト削減への第1歩。

インクコストはコスト削減への第1歩。

インクコストを知ることは、コスト削減への第1歩です。3メーカー同じ条件で公平にインクコストを算出。
サイズはA1一枚当たり、用紙は光沢紙とマット紙の2種、データは2種類。1機種あたり4つの条件での金額を発表します。
御社がどの条件での出力が多いかイメージしつつコスト比較すると自ずと機種が見つかるはず!

計測条件 出力サイズ 計測条件 コスト計測基準
A1/枚 出力データ(スピード) インクの定価と吐出量から計測

A1プリンター

条 件 

 機 種

グラフィックデータ グラフィックデータ 赤ベタ 赤ベタ 商品ページ
光沢紙(きれい) マット紙(はやい) 光沢紙(きれい) マット紙(はやい)
Canon iPF6400SE iPF6400SE ¥73 ¥58 ¥282 ¥219 製品詳細はこちら
EPSON SC-T3250 SC-T3250 ¥69 ¥59 ¥286 ¥253 製品詳細はこちら
HP DesignJet
Z2600PS
Z2600PS
¥59 ¥39 ¥182 ¥130 製品詳細はこちら
Canon PRO-2000 PRO-2000 ¥74 ¥67 ¥269 ¥307 製品詳細はこちら
EPSON SC-P6050 SC-P6050 ¥66 ¥64 ¥202 ¥237 製品詳細はこちら


B0プリンター

条 件 

 機 種

グラフィックデータ グラフィックデータ 赤ベタ 赤ベタ 商品ページ
光沢紙(きれい) マット紙(はやい) 光沢紙(きれい) マット紙(はやい)
Canon iPF8400SE iPF8400SE ¥73 ¥58 ¥282 ¥219 製品詳細はこちら
EPSON SC-P10050 SC-P10050 ¥66 ¥60 ¥212 ¥217 製品詳細はこちら
HP DesignJet
Z6200
Z6200
¥111 ¥88 ¥343 ¥268 製品詳細はこちら
EPSON SC-T7250 SC-T7250 ¥69 ¥59 ¥286 ¥253 製品詳細はこちら
HP Latex315 Latex315 ¥67 ¥67 ¥202 ¥202 製品詳細はこちら
HP DesignJet
Z5600PS
Z5600PS
¥59 ¥39 ¥182 ¥130 製品詳細はこちら
Canon PRO-4000 PRO-4000 ¥74 ¥67 ¥269 ¥307 製品詳細はこちら
EPSON SC-P8050 SC-P8050 ¥66 ¥64 ¥202 ¥237 製品詳細はこちら

メーカー特性比較

大判プリンター比較.jp独自のノウハウ!
エプソン・キヤノン・HPのイイところ、ではないところを大公開!

大判プリンター比較.jp独自のノウハウ!

メーカーによって得意、不得意があります。プリントヘッドの良しあし、保守体制、インクロス(廃インク)等のカタログに載ってない情報を相対的に評価。
イニシャルやインクコストなど費用の部分も重要ですが、現場での運営面もおざなりできません。導入しないとわからない点をできる限り網羅しました。

プリントヘッド編

EPSON Canon hp
ピエゾ方式 サーマル方式 サーマル方式

インクの滴下量を微調整出来るので、再現性が非常に高い

高額かつ繊細

交換式に為、不具合が出れば交換して使用可能

加熱時にヘッドそのものがダメージを受けるので交換が必要

単色または2色毎の独立ヘッドなので、ピンポイントでの交換が可能

加熱時にヘッドそのものがダメージを受けるので交換が必要

ヘッド交換編

EPSON Canon hp
不要 交換式 交換式

同一品質をキープ出来る

交換の頻度は低い

全色一体型の為、ヘッドの単価が高い

各色、または2色毎に分かれており安価で、常に新品の状態をキープ可能

コストと手間が掛かる

保守の体制編

EPSON Canon hp
当日対応可 当日対応可 翌日対応

永久ヘッドの為、交換不要でコストも手間も掛からない

ヘッドはサービスマンしか交換できないため、ダウンタイムが長い

営業拠点数が多く、地方でもスピーディに対応

部品可能な部品が多い為、予備のヘッドがあれば即交換可能

インクロス(廃インク)編

EPSON Canon hp
約11% 約5% 約3%

 

品質を一定に保つための永久ヘッドのためのヘッドクリーニングにコストが掛かる

交換性のヘッドのため、インクのロスは少ない

交換性のヘッドのため、インクのロスは少ない

色の再現性編

EPSON Canon hp
中間色に強い 赤の特色に強い 鮮やかな赤の発色

プルーフ用途としてはエプソンしか通用しない

赤が朱色に近くなる

赤の発色がきれい

プルーフには向かない

ビビットな赤が再現可能

ヘッドが交換性のため、ヘッドの個体差による微妙な再現性に違いがある

サブインクタンク編

EPSON Canon hp
なし ストップレスインクタンク なし

インクが劣化し、色味が変わってしまうため、敢えて不採用

インクが切れるとプリントも止まってしまう

インク交換時もプリントが可能

サブインクタンクのインクが劣化し質に影響?

 

インクが切れるとプリントも止まってしまう

ロール紙の交換編

EPSON Canon hp
スピンドルレス+3インチ
アタッチメント搭載
2インチ、3インチ兼用の
ロールホルダー
2インチ専用ロールホル
ダー+背面取り付け

交換時に横のスペースが不要で女性でも簡単に交換できる

 

スピンドルがあるためロール紙の付け替えが大変

背面取り付けだが、ダブルロール、トリプルロールで交換の頻度は抑えられる

スピンドルがあるためロール紙の付け替えが大変、さらに背面取り付け

故障時のダウンタイム編

EPSON Canon hp
メーカー対応 サービスマンのスピード
対応
お客様で部品交換可能

丈夫なため、ヘッドクリーニングで解消できるケースが多い

部品交換が高額

営業拠点数が多い為、地方でもスピーディに対応

交換式のプリントヘッドが高価

予備の部品があれば即復旧可能

パーツが簡易的なため、交換頻度は高く、消耗品コストがかかる

EPSON の特長をまとめると

EPSONのプリンター
ピエゾヘッド搭載で高品質なプリント
滴下量の微調整が可能で再現性が非常に高い
スピンドルレスアタッチメント
ロール紙の取り換えの手間が圧倒的に省ける
色味補正機能搭載
カメラで色を測定し、安定した出力が可能なため、プルーフ用途に最適

canon の特長をまとめると

Canonのプリンター
ストップレスインクタンク搭載
インクカートリッジ交換時にもプリントが可能
PosterArtist Lite同梱
ポスター作成のソフトが同梱されており、テンプレートがあり、
簡単にポスターが作れる
USBメモリダイレクトプリント対応
現場にパソコンがなくてもプリントできる

hp の特長をまとめると

hpのプリンター
ダブルロール、トリプルロール搭載機あり
複数のロール紙を交換する手間が省ける
USBメモリダイレクトプリント対応
現場にパソコンがなくてもプリントできる
大容量HDD、RIP内蔵モデル
RIP用PC不要でMacからのダイレクトプリントが可能。
RIP内蔵なので、不具合が起きても全てHPが対応するため、不良時に原因不明でたらい回しにされることがない。
HPDesignJet Click搭載機種
専用ソフトを使わずに自動ネスティング、プレビューが見れる(用紙節約、事前確認が可能)

気になる機種は見つかりましたか?

様々な機種をニーズ別ランキング、ランニングコスト、スピード性能、メーカー特長と様々な切り口で紹介してまいりました。
これだという機種は見つかりましたでしょうか?不明な点などございましたら、ご遠慮なくご相談ください。
お客様にぴったりの1台を一緒に探しましょう!

0120-522-664
  • 資料ダウンロードは
  • お問合せはこちら
  • お見積りはこちら
ページトップへ