【大公開】グラフィック 大判プリンターを3社を徹底解剖

商品を探す

最大用紙サイズから探す

ご希望のサイズから選択ください。
関連する製品の一覧へリンクします。

メーカーから探す

ご希望のメーカーから選択ください。
関連する製品の一覧へリンクします。

用途から探す

ご希望の用途から選択ください。
関連する製品の一覧へリンクします。

業種から探す

ご希望の業種から選択ください。
関連する製品の一覧へリンクします。

目的から探す

ご希望の目的から選択ください。
関連する製品の一覧へリンクします。

インクの種類から探す

ご希望のインクの種類から選択ください。
関連する製品の一覧へリンクします。

その他プリンターから探す

その他のプリンターから選択ください。
関連する製品の一覧へリンクします。

お客様インタビューvol.09

「不燃認定を取得したオリジナル壁紙を印刷!外注費とインクコストを削減。」

―― HP Latex315ご購入のきっかけは?
HP Latex315ご購入のきっかけは?

一番の理由としては、「不燃認定を取得した壁紙が印刷できる」ということです。商業施設のテナントとして入っている店舗も多くあるのですが、近年商業施設で不燃・防炎に関する規定が厳しくなり、既製品を使用するしかありませんでした。

ブランディングの面からどうしてもオリジナルで壁紙の制作をしたかったため、こちらのサイトからお問い合わせをさせて頂きました。
ラテックスプリンターと溶剤プリンターを見学したのですが、ラテックスプリンターにした決め手は何といっても無臭かつ環境に悪影響がないという点です。

お子様連れのお客様の多い業種ですので、インクに有害物質(VOC)が含まれていない
というのは大きな決め手となりました。

―― 導入してみてどうでしたか?
導入してみてどうでしたか?

やはりインクが無臭なのは非常に有難いですね。
出力環境がオフィスの一角であるため、オフィス内の環境から考えてもラテックスプリンターにして本当によかったと思います。
全く臭いも音も気になりません。

また、操作性については多少慣れないこともありますが、試行錯誤しながら1週間くらいで使いこなせるまでになったと思います。導入後すぐに店舗の改装があり、早速ラテックスで壁紙を出力しました。色もイメージ通りに出てくれたので、現場にも満足頂いています。

プリンター本体が大きく、多少手狭にはなりましたが、何より今まで水性プリンターで使っていたメディアにも同じように印刷ができるというのはいいですね。
コスト面では水性インクだと1本(700ml)22,000円だったのが、ラテックスプリンターは1本(775ml)16,000円程度なので
インクのコストダウンにも繋がっています。体感ではインクの減るスピードも遅くなったように感じます。

―― ずばりフジテックスに決めて頂いた決め手はなんでしょうか?
ずばりフジテックスに決めて頂いた決め手はなんでしょうか?

防炎や不燃認定の取得方法や注意点について、事例を交えて詳しくご提案頂いたことが決め手でした。

弊社としても初めての取り組みのため、認定をどうやってとるのか、どう活用するのかが導入に当たり一番不安な部分でしたので、その部分を丁寧にわかりやすくご説明頂けたことからフジテックスさんにお願いしました。

―― 今後どのような事業を展開予定ですか?

装飾を工夫し、より魅力的で個性的な店舗づくりを目指していきたいと思います。
せっかくラテックスを導入したので、意欲的に様々な制作物に取り組んでいきたいと思います。

ターポリンを使用したタペストリー制作や、透明系のメディアを使用したゲーム機の装飾、塩ビシートを使用してのフロアシート制作など、取り組んでみたいことがたくさんあります。
新店オープンやリニューアルも控えているので、色々と試しながら作っていきます。

今後どのような事業を展開予定ですか?

お客様が購入されたラテックスプリンターはこちらです

ラテックスプリンター特設サイト



ページトップへ