大判プリンター選定を無料サポート!複数メーカーからベストなご提案

大判プリンターブログ

実際にTシャツを制作!Tシャツプリンターとしても使えるMICROLINE VINCI C941dn

お店で販売(洗ってもプリント印刷が落ちない)しているような商用クラスのかっこいいオリジナルTシャツを自分で作りたい。でも印刷装置など複雑そうでわからない。できれば最短で簡単に、即日で1枚から Tシャツをプリントしたい。そんな願いをかなえてくれるプリンターを紹介します。

OKIこと株式会社沖データのショールームで、Tシャツプリンターとしても使えるカラーLEDプリンターの最上位機種 MICROLINE VINCI C941dnを見てきました。Tシャツへの転写は、1枚わずか2分~3分です。洗ってもはがれない耐久性のあるTシャツを作れます。

カラーLEDプリンターの最上位機種 MICROLINE VINCI C941dn

MICROLINE VINCI C941dnの販売価格・リース価格をチェック!
http://www.large-format-printer.jp/sii/c941dn/
 

VINCI C941dnがあればTシャツだってなんでも作れる!

カラーLEDプリンターの最上位機種であるMICROLINE VINCIC941dnは、CMYKの4色+特色ホワイトor特色クリアー印刷ができます。A3ノビ対応プリンターであり、オフィスの内製化の切り札ともいえる機種です。VINCIC941dn一台で、なんでも制作できるといっても過言ではありません。

多様な素材へ自由なフルカラー印刷が可能です。いろいろな高品質なサンプル試作が作れます。特色ホワイト及び特色クリアー印刷できることで、クオリティの高い制作が可能です。

具体的には色がついている素材にカラーを印刷しても、発色が悪くなります。下地としてホワイトを引くことで、カラー印刷を引き立たせることができます。またフィルムやPETといった透明な素材にホワイトを引いて、その上にカラー印刷もできます。また透明なフィルムやPETといった透明な素材にもホワイトを引いて、その上にカラーの印刷ができます。

 

CMYKの4色+特色ホワイトの「特色ホワイト」の万能感

実例で紹介します。印刷サンプルの右側半分が、CMYKの4色+特色ホワイトです。ホワイトの下に4色が印刷されています。左側半分がCMYKの4色のみです。ホワイトの下に4色が印刷されています。左側半分がCMYKの4色のみです。

裏返すと発色の違いがわかります。ホワイトがあることで色が鮮やかです。ひっくり返して見ると、こんなに色の発色が違います。白があることで発色が良くなります。

つまりCMYKの4色+特色ホワイト印刷で多彩な物への多彩な印刷が可能です。下記は、すべてVINCI C941dnで印刷したものです。すべてVINCI C941dnで印刷したものです。

例えば、透明な箱に自由な印刷できます。ホワイト印刷できるからです。
例えば、透明な箱に自由な印刷できます。ホワイト印刷できるからです。

茶色い段ボールに、綺麗に印刷できます。ホワイト印刷ができるからです。
茶色い段ボールに、綺麗に印刷できます。ホワイト印刷ができるからです。

PETボトルのジュースのパッケージだって思いのまま印刷できます。
PETボトルのジュースのパッケージだって思いのままです。

Tシャツへの印刷(※転写紙を利用)も可能です。
Tシャツへの印刷(※転写紙を利用)も可能です。

お店で販売しているTシャツと比べても遜色ありません。
お店で販売しているTシャツと比べても遜色ありません。

Tシャツ事業立ち上げや、モックや小ロット制作の内製化をするための多機能なオフィスプリンターを探している方は、ぜひMICROLINE VINCI C941dnをご検討ください。

100万を超える製品ですが、リースなら月々わずか28,000円~で導入が可能です。月々わずか28,000円~でオリジナルTシャツを作ってブランドを立ち上げ販売することだって夢ではありません。
オリジナルTシャツを作ってブランドを立ち上げ販売することだって夢ではありません。

MICROLINE VINCI C941dnの販売価格・リース価格をチェック!
/sii/c941dn/
 

 

沖データの印刷スペシャリスト末永さんに聞いてみた

JAGAT認証 DTPエキスパートを取得している沖データの印刷スペシャリスト末永さんに、TシャツプリンターとしてのVINCI C941dnについて、説明をして頂きました。以下沖データの印刷スペシャリスト末永さんによる説明です。

沖データの印刷スペシャリスト末永さん

洗ってもはがれない耐久性がある商用クラスのTシャツの作り方を紹介します。VINCI C941dnなら、高品質なTシャツも簡単に作れます。
沖データの印刷スペシャリスト末永さん

印刷はとても簡単です。まず転写紙を用意します。
印刷はとても簡単です。まず転写紙(MPWS用紙)を用意します。

印刷のデータを用意します。
印刷のデータを用意します。

必要な設定をして印刷するだけです。
必要な設定をして、印刷するだけです。

はい、完成です。
はい、完成です。

ここがポイント!
印刷データのカラーの下もしくは上に、ホワイト(白)を重ねて印刷する設定が簡単にできます。Tシャツプリント印刷時には、転写で反転するので「カラーの上に白を印刷」にチェックしましょう。
印刷データのカラーの下もしくは上に、ホワイト(白)を重ねて印刷する設定が簡単にできます。

ここがポイント!
排出口が2つ選べます。横の排出口を選べば、紙がロールせずに、まっすぐ印刷できます。
排出口が2つ選べます。横の排出口を選べば、紙がロールせずに、まっすぐ印刷できます。

次にVINCI専用ノリ付けシートを取り出します。C941dnで転写品質を確認済みの用紙です。綿用とナイロンポリエステル用があります。ナイロンポリエステル用は、5度ぐらいの温度が低い状態で接着する仕様になっています。これにより、ナイロンポリエステル素材でもしっかり定着します。
ナイロンポリエステル素材でもしっかり定着します。

こちらが、糊シート部分です。こちらが、糊シート部分です。

これを張り合わせます。カラーの印刷がある部分だけに、白い糊が定着します。熱でカラーの印刷面に反応して、糊&白が定着する仕組みです。カッティング不要な画期的なシートです。
カッティング不要な画期的なシートです。

このVINCI専用ノリ付けシートがあれば、Tシャツへの高品質な転写が可能です。印刷物にホワイトの下引きができます。通常の4色のプリンターでは、ホワイト自体が印刷されないため、Tシャツへのホワイトの下引きは不可能です。

VINCI C941dnなら、特色ホワイトが印刷できるので、Tシャツにホワイトの印刷を実現できています。伝わりづらい特徴ですが、すごい機能なのです。ホワイトにホワイトでちょっと解り難いですよね。
Tシャツにホワイトの印刷が可能なのです。伝わりづらい特徴ですが、すごい機能なのです。

ここがポイント!
綿用とナイロンポリエステル用の糊付けシートが用意されています。ナイロン材質にも綺麗に印刷ができます。

ここがポイント!
白の印刷ができます。

次にラミネータを準備します。10000円以下で購入できるタイプで十分です。次にラミネータを準備します。10000円以下で購入できるタイプで十分です。

印刷した転写紙に、VINCI専用ノリ付けシートを重ねます。
印刷した転写紙(MPWS用紙)に、WCL2用紙(ノリ付けするシート)を重ねます。

空気を抜いて密着するためにラミネータを使います。
空気を抜いて密着するためにラミネータを使います。

密着したら、プレス機で30秒圧着します。
密着したら、プレス機で30秒圧着します。

熱いうちに早く剥素がすことで、キレイに転写できます。
素早くはがします。熱いうちに剥がすことで、キレイに転写できます。

転写用紙に糊が綺麗に定着しました。
転写シートに糊シートが定着しました。

再びTシャツに設置します。
Tシャツに設置します。

そしてもう一度プレスします。
そしてもう一度プレスします。

最後に定着をさせるために、ペーパーを挟み数十秒追加で再プレスします。これにより生地の素材にインクが、がっつり定着するのです。洗っても剥がれなくなります。
洗っても剥がれなくなります。

お店で販売しているTシャツと遜色のない品質です。
お店で販売しているTシャツと遜色のない品質です。

まとめて印刷して定着作業を行えば、Tシャツ1枚あたり1分~2分で作成可能です。Tシャツの制作現場から見ると、素早く簡単に作れると評判なのです。

MICROLINE VINCI C941dnの販売価格・リース価格をチェック!
http://www.large-format-printer.jp/sii/c941dn/

 

OKIはLEDカラー印刷が自慢です。中身を公開。

OKIはLEDカラー印刷が自慢です。中身を見ますか?

定着ユニットを抜くと、LEDカラープリンター部分が見えます。これです。これで印刷しています。LEDカラープリント技術は、OKI独自のすごいテクノロジーで耐久性にも優れています。
OKI独自の耐久性に優れた性能を持つすごいテクノロジーです。

この定着ユニットにはゴムが付いています。定着ユニットを抜くと、LEDカラープリンター部分が掃除される仕組みです。
そして、この定着ユニットにはゴムが付いています。定着ユニットを抜くと、LEDカラープリンター部分が掃除される仕組みです。

定着器、ベルト、転写ローラーユニットも簡単に取り出せます。とにかく簡単です。簡単だから、お客様でメンテナンスできます。
とにかく簡単です。お客様でメンテナンスできます。

お客様でメンテナンスできることで、次のようなサービスの提供が可能になりました。

 

実は「5年間無償保証プラス」&「メンテナンス品5年間無償提供」

MICROLINE VINCI C941dnは、「5年間無償保証プラス」&「メンテナンス品5年間無償提供」を提供しています。サイトにも控えめに記載があります。
46

保守サービスは収益として重要なので、通常は保守費用を頂くものです。しかしOKIのVINCI C941dnは違います。5年間無料です。

5年間無償保証プラスとは
ご購入日から起算して5年以内に発生した故障について、当社保証規定に基づいて無償で修理いたします。加えて、サポート・修理受付は専用窓口で行い、当日オンサイト修理(当日出張修理)いたします。

メンテナンス品5年間無償提供とは
ご購入日から起算して5年以内にメンテナンス品(定着器ユニット、転写ローラ、ベルトユニット、給紙ローラセットが規定の交換寿命を迎えた場合、交換品を無償で提供いたします。

 

一般的なケーススタディと比較して、複合機での試算になりますが、5年間で約22万円もお得になる計算です。
47

 

 OKIのプリンターも、なかなか良いと思いませんか。
23

以上、MICROLINE VINCI C941dnをご紹介いただきました。100万円以上もする最上位機種のプリンターですが、これ1台でさまざまな試作品や小ロットの販売が可能になります。

ホワイトの印刷ができて、Tシャツも作れる多機能なプリンターです。メンテナンス品など、5年間も無料という太っ腹です。OKIを選んで見るのもありです。

MICROLINE VINCI C941dnの販売価格・リース価格をチェック!
http://www.large-format-printer.jp/sii/c941dn/

ページトップへ