【大公開】グラフィック 大判プリンターを3社を徹底解剖

商品を探す

最大用紙サイズから探す

ご希望のサイズから選択ください。
関連する製品の一覧へリンクします。

メーカーから探す

ご希望のメーカーから選択ください。
関連する製品の一覧へリンクします。

用途から探す

ご希望の用途から選択ください。
関連する製品の一覧へリンクします。

業種から探す

ご希望の業種から選択ください。
関連する製品の一覧へリンクします。

目的から探す

ご希望の目的から選択ください。
関連する製品の一覧へリンクします。

インクの種類から探す

ご希望のインクの種類から選択ください。
関連する製品の一覧へリンクします。

その他プリンターから探す

その他のプリンターから選択ください。
関連する製品の一覧へリンクします。

比較表に追加しました。 比較表一覧を見る 閉じる

ローランド(Roland DG)ARM-10other-sizeother-ink

さまざまなアイデアを3Dプリントして、リアルなサンプルを作製可能。オフィスにも手軽に置けるデスクトップサイズ。

販売価格
標準価格 680,000(税別)最安に挑戦 ※1
リース概算価格
月々わずか 13,600 (税別)〜/月 リースについて

製品概要

メーカー ローランド(Roland DG) 用途 3D加工によるデザイン試作 色数
出力スピード インクコスト - サイズ その他

手に取ってデザインや外観を確かめながら、何度でも試作できるため、 完成度の高いプロトタイプを製作できます。

※1 運送費などの諸経費別

ARM-10


特長

ARM-10 コンセプト動画

イメージを自在に立体化できるデスクトップ3Dプリンター

ARM-10 で立体化

これまでの3Dモデリング技術を結集した、デスクトップサイズの3Dプリンター「ARM-10」を新開発。独自設計のプロジェクターレンズと専用紫外線硬化樹脂「imageCure」を採用し、紫外線を照射してアクリル系樹脂を硬化させることで、思い通りの立体造形を実現します。また、造形後のサポート除去はもちろん、磨きや加飾などの2次加工も容易です。さらに、プロジェクター方式の採用により、ワークエリア内に複数の造形物を一度に製作でき、効率的でコストパフォーマンスにも優れた3Dプリントが可能です。

UVランプによりアクリル系樹脂を瞬時に硬化させ、積層して造形。このプロジェクター方式の採用により、ワークエリア内に複数の造形物を一度に製作でき、効率的な3Dプリントが可能です。

複雑な形状も最小限の樹脂消費で生成

多軸切削加工でなければ難しいアンダーカットや複雑な形状のパーツなどが簡単操作で3Dプリントが可能です。吊り下げ方式を採用したことにより、造形物を支えるサポートに使用する樹脂の消費量を最小限に抑え、効率的に材料を運用できます。

アルコール洗浄や清掃用のアイテムを標準で付属

造形後、造形物に残った不要な樹脂をアルコール洗浄するためのワークトレイや容器、ピンセットをはじめ、樹脂槽やプラットフォームの清掃に使用するヘラなどを標準で付属しています。

製品スペック

印刷方式造形方式 :光造形法(プロジェクターによる面露光方式)
用紙サイズその他
インクの種別その他
電源・電圧本体:DC24V、0.6A
専用ACアダプター:AC100V±10%、50/60Hz
消費電力15W
本体サイズ430(幅)×365(奥行)×450(高さ)mm
本体重量17kg
同梱品

ACアダプター、電源コード、USBケーブル、樹脂槽、造形・洗浄用備品(金属ヘラ、樹脂ヘラ、ピンセット、洗浄用容器×2、六角レンチ、スパナ、ゴム手袋、ワークトレイなど)、Start-upページ案内カード、「はじめにお読みください(冊子)」

稼動音動作時:55dB(A)以下、待機時:49dB(A)以下
備考

■造形可能最大サイズ:130(幅)×70(奥行)×70(高さ)mm(ただし、最大造形樹脂量は 300gまで)
■積層スピード:10mm/h(積層ピッチ=0.15mm)
■光源:UV-LED(紫外線発光ダイオード)
■XY解像度:0.2mm
■Z軸分解能:0.01mm

カタログPDF

カタログPDF

お気軽にお見積りください。リース価格も承ります!

最安値保証します。

入力内容の確認

必須項目残り: 0
製品名 任意
見積り依頼 必須   
お名前 必須 姓 :   名 :
会社名必須 ※個人のお客様は「個人」と入力して下さい。
郵便番号 任意 〒  ※郵便番号で住所を自動入力します
都道府県 必須
電話番号 必須
メールアドレス 必須
検討段階 必須
問合せ内容・備考 任意
※その他ご質問・備考等ございましたら、ご記入下さい。

ご入力いただいた情報の管理について
詳細

ページトップへ