大判プリンター選定を無料サポート!複数メーカーからベストなご提案

大判プリンターブログ

業界の最先端が分かる!サイン&ディスプレイショー2014!

皆さん。こんにちは。
いつも大判プリンター見積もり・比較JPをご覧いただき有難うございます。
今日は東京で行われたサイン&ディスプレイショー2014の参加レポートをご紹介させて頂きます。

日本最大級のサイン業界向け展示会!

サイン&ディスプレイショー2014業界を代表する展示会、サイン&ディスプレイショー2014が9月18日から20日までの3日間、東京ビックサイトにて開催されました。
業界を代表する展示会としては、
・サイン&ディスプレイショー
・SIGNEXPO
・プレミアムインセンティブショー
・モノづくりフェア
・ギフトショー
などなど多くありますが、その中でも規模最大級の展示会となります。
出展社数は145社、来場者は何と3万人にも及びます。
各プリンターメーカーもこちらの展示会に合わせて新商品を発表しています。

サイン&ディスプレイショウ2014 公式サイト

全体的な感想ですが、昇華転写のニーズが高まってきているのではと感じました。
こちらで全てをご紹介はできませんので、2社ピックアップしました。

ミマキ(Mimaki)

大きく人だかりで出来ていたのはMimaki(ミマキ)社です。
看板業では知らない人はいない老舗メーカーですが、大ヒットモデルJV33、CJV30シリーズの後継機種をリリースした事もあり、大変注目を浴びていました。
mimaki

進化したのはもちろん見た目だけでは有りません。
デュアルヘッド搭載により高速印刷が可能になり、オレンジインク、ライトブラックインクを搭載しより鮮やかに、より早く出力が可能になりました。
ノズルリカバリー機能も搭載しており、ノズル詰まりなど緊急時は他のノズルで出力し作業をとめません。CJVのカット機能付きもシルバーインクをSS21インクに変更し今まで以上の発色を実現しています。買い替えを検討されているお客様は必見の商品です。

JV300-130/160

~クラストップレベル最速105.9㎡/hを実現したソルベントインクジェットプリンタ ~

JV300-130/160
突き抜ける速さと、息をのむ美しさを両立した『New Global Standard』モデルが誕生しました。
当社の技術とインク性能が可能にするクラストップレベルの最速105.9㎡/h。
新たに追加された色域を広げるオレンジインクとモノクロを忠実に再現するライトブラックインク。
さらにユーザーに寄り添う、安心のユーザビリティを実現する、ノズルチェックユニット、ノズルリカバリシステムなど数々の新機能を搭載しています。

HP(日本ヒューレットパッカード)

日本HPは新生ラテックスプリンターを展示していました。
こちら今までラインナップが少なかったのですが、L310、L330、L360と3ラインナップ体制に。幅広い出力のニーズに対応できるようになっています。
L310がエントリーモデルでL360がハイスペック機種となっております。
RIPソフトに関しても今まで別売りだった物をバンドルにしていたりと、より使いやすいプリンターとして生まれ変わりました。屋内も屋外出力物も両方できたらいいな、と感じるお客様はラテックスプリンターがお勧めです。

HP Latex 360 プリンター

~圧倒的な高品質、高汎用性と高生産性を実現したLatexハイエンドモデル~

HP Latex 360 プリンター
高速化と擦過性、素材汎用性を大幅に向上。テキスタイルや両面プリントなどの高付加価値プリントにも対応し、優れた耐候性と擦過性で、屋内外の多彩なアプリケーションに対応。多彩な機能で高付加価値ビジネスを拡大します。

まとめ

その他にもCanon、EPSON、SII、ローランドなどなど多くのメーカーが出展していました。

出展一覧

弊社ではこのような展示会にて日々最新の情報や、表に出てきにくいリアルなノウハウを日々収集しております。
今後私どものサイトでも、展示会参加チケットをご案内できるようにご用意したいと思いますのでご期待下さいませ。

ページトップへ