大判プリンター選定を無料サポート!複数メーカーからベストなご提案

大判プリンターブログ

布へ印刷できる大判プリンターのご紹介

皆さんこんにちは。いつも大判プリンター比較・見積もり.JPをご覧いただきまして有難う御座います。
本日は非常にご質問いただく布へプリントできる【ガーメントプリンター】について紹介をさせて頂きます。

ガーメントプリンターの種類と基礎知識

ガーメントにはいくつか種類があるのをご存じでしょうか?
シルクプリント、デジタル・カッティング転写、インクジェットプリント、昇華転写などが挙げられます。
それぞれにメリット・デメリットがあります。

一番人気のシルクプリント

最も一般的な加工方法はシルクプリントです。版を用いて商品にインクを刷り込む大量生産に向いている手法です。加工代も安価で耐久性も高く、古くから使われている手法でよく知られており人気もあります。
しかし、色数が増えれば増えるほど価格が高騰するデメリットがございます。

ユニフォーム系に最適なデジタル・カッティング転写

デジタル・カッティング転写は小ロット、ユニフォームなどの背番号に用いられるケースが多く、糊の付いたフィルムやシートを熱を加えて貼付る手法です。手間がかかるので少量の制作の時に向いてます。
デメリットとしては着心地です。プリント箇所がザラザラとした質感になってしまいます。

ユニクロも採用したインクジェットプリント

最近、急速に普及しているインクジェットプリンターは、生地に直接プリントの出来るプリンターです。
デジタルデータを直接プリントするので、版の製作の必要が短納期で製造が可能です。
最近ではユニクロもオリジナルのTシャツの販売を開始しましたが、インクジェットプリンターによって小ロット・多品種向けサービスが可能になりました。あとインクジェットは転写に比べて柄の周りに縁が付きません。
デメリットとしては枚数が多くなっても1枚あたりのコストが変わらないということと、綿100%素材にしか印刷できないなどです。

鮮やかな昇華転写

高精細な鮮やかな色です。再現性も高く高画質プリントが可能です。また、強度が強く、転写作業と同じ高温、高圧下にならなければ、色落ちがほとんどありません。化学繊維に染みこむという方法なので特に衣類関係では風合いが全く変わらない事も大きなメリットになります。

スクリーン印刷などで使う『版』は必要なく、多品種小ロットにも対応しやすいです。デメリットは素材が決まっていることです。化学繊維や樹脂でないと転写ができません。天然繊維である綿・絹等には転写ができなく、同じように陶器や金属類も、昇華専用のコーティングがしていないと転写ができません。

どのメーカーも簡単にオリジナルTシャツなどが製作は可能!

人気のガーメントプリンター、エプソンの新モデルSC-F2150など、 ガメントプリンターを取り扱うメーカーはブラザー、エプソン、コーニットなどがあります。

それぞれに特徴はござますが、基本的には綿の混紡率が50%以上のものに限り、プリントが可能です。ポリエステル生地にも印刷可能な機種も中にはございます。白地や淡色のポリエステル素材は問題ないが、濃色のポリエルテル素材では、下地の色が浮いてきてしまう現象が起きるようです。
基本的には綿素材に特化したプリンターの様です。 綿素材であれば白や淡色生地だけではなく、濃色の生地にも白インクを用いてプリントが可能です。
どのプリンターも複雑な操作は必要なく簡単にオリジナルTシャツなどが製作は可能です。

Tシャツプリンター商品ラインナップ紹介

newSC-F2150(インクジェット)

Epson-SureColor-SC-F2000高画質と短納期を実現させるTシャツプリンター。
袖やベビーウェアからLLサイズまで、幅広いサイズにも対応。少ない工程でプリント完了。使いやすいオペレーション設計。専門知識が無くても通常のプリンター感覚での操作が可能。製品を見積り依頼

保守5年+本体でがセットでお得な キャンペーン中!>>

C941dn -MICROLINE VINCI(LEDトナー)

C931dn -MICROLINE VINCIパッケージ、ラベル、Tシャツまでも可能なマルチな優れもの。値段もお手頃で場所も取りません。 5年間無償保証(メンテナンス品も)製品を見積り依頼

VINCHでTシャツづくりを実践しました。

RICOH Ri 100(GELJETテクノロジー)

RICOH Ri 100価格も30万以内と手軽でミニマムなTシャツプリンター。店頭やイベントに最適【レンタル可能】 製品を見積り依頼

人気の商品のスペック、ランニングコストを比較してみました。

初期費用はもちろん運営においてランニングコストも重要なポイントです。あなたにとってどれが優先順位が高いかによって選定する機種も変わって参ります。

解像度 1440×1440 dpi 1200×1200dpi 1,200×1,200dpi
(600×600dpi)

メーカー エプソン OKI RICOH
本体型番 SC-F2150 C941dn -MICROLINE VINCI Ri 100
商品画像 SC-F2150 C931dn -MICROLINE VINCI Ri 100
色数 顔料捺染タイプ独立式
CMYK・W
LEDトナーインク
CMYK・W
(初回は10,000枚印刷可能なトナーがセット)
水性顔料インク
CMYK
本体価格 1,480,000円(税別) 1,380,000円(税別) 298,000円(税別)
その他費用 ・保守 700,000円(3年間の場合)
・配送料 50,000円
・設置代 50,000円
※納品先により変更あり
保守 5年無償保証
・搬入費 23,000円
・訪問費+本体調整費 28,000円
・年間保守 40,600円/年
・設置導入作業料 18,800円
※納品先により変更あり
サイズ 985mm
×
1425mm
×
490mm
699mm
×
625mm
×
640mm
399
×
698
×
293mm
インクコスト CMYK 250ml:11,800円
W 600ml:23,400円
ブラック :22,000円
CMY :24,000円
特色ホワイト:65,800円
特色クリアー:35,800円
CMY 100ml:6,200円/@
K 140ml:7,500円/@
CMY 35ml:3,000円/@
K 50ml:3,600円/@
CMYK 47.2円/ml CMYK 53円/ml
W 39円/ml
特長 ・専門的なPCスキルのない人でも、簡単印刷
・高速・高画質を両立
・袖やベビーウェアからLLサイズまで、幅広いサイズに対応
・静か、白インク循環システムあり
・トナー印刷なので細かい表現が可能
・5年間保証が無償
(メンテナンス品も)
・Tシャツだけでなくパッケージの印刷も可能
・使いやすい操作性
・店頭にも置けるミニマムボディ
・着心地と洗濯堅牢性を両立
・白インクがないので色物のシャツに白の再現ができない
・生地は綿50%以上を推奨
お見積もり お見積もりご依頼 お見積もりご依頼 お見積もりご依頼

上記はあくまで参考として比較されてください。

Tシャツプリンターに必要不可欠なプレス機

Tシャツを作る際に必要なのは上記の機種だけではありません。基本的に印刷後のヒートプレスが必要になり、専用のプレス機械を用いて行います。
弊社では様々なご提案差し上げます。

熱圧着機DK20

まとめ

Tシャツプリンターは様々なメーカーから売られておりますが、お客様の購入する目的や事業計画、初期費用、ランニングコスト、優先順位の見極めが一番重要です。
弊社では様々な業種に提案してきたノウハウがございます。それによる最適なプリンターをご提案差し上げますのでお気軽にご相談頂ければと思います。

最後までお読み頂きましてありがとうございました。

Tシャツプリンターはどれを選べばいい?人気3機種を徹底解剖!

Tシャツプリンター一覧はこちら >>

ページトップへ