大判プリンター大特価SALE

大判プリンター・プロッターの
納品実績1,500台以上!
比較表 0 お問合せ・資料請求 お見積り 0120-522-664受付時間 9:00-18:00(平日)

大判プリンターブログ

ポスターのカットを効率化!プリント&カットをおススメする理由

コロナ禍において、今当たり前だったことが当たり前ではなくなり、働き方改革や業務効率化がより必要となっている方も多いと思います。

その中で今まで手作業で時間と手間をかけて行なっていた、ポスターの余白部分のカットや型抜きカットなどのカッティング作業も見直しが進んでいます。

大きなポスターは、思った以上にまっすぐ綺麗にカットするのが難しく、カットの数が多くなると集中力が切れ、納品が遅れたり、質が下がったりと様々な影響が考えられます。
また職人さんの気持ちが焦っていたりすると、ケガの原因にもつながります。

今回はそういった手作業のカッティング作業の自動でかつ効率化に貢献できるプロッターやその機能についてご紹介致します。

カッティング後加工

カッティングのタイプご紹介

カッティングのみの機種も目的やカッティングする対象によって様々な種類がございます。
まずはそちらの紹介と特長をご紹介します。

グリットタイプの特長

まずカッティングプロッターといえば、こちらのようなの機種を思い浮かべる方も多いと思います。

CE7000-60

カッティング用のデータを準備してすれば、丸や三角、星形など曲線も希望の形にシールのようなハーフカット、ミシン目カットができます。細かいカットが可能で、シール、ステッカー、Tシャツ作る際のアイロンシートのカットなど可能です。

シール・ステッカー

カーラッピングシール

tシャツ

※切り抜きにはカッティング用の台紙が必要となります。

フラットベットタイプの特長

フラットベットカッティング機

パネルや段ボールなど厚い素材や固い素材のカットに最適な平版プロッター。印刷物のカットにも最適です。
少量・多品種化するパッケージから工業用素材の試作品も作成できます。

オートトリマー オートカッタータイプの特長

オートカッタータイプ

スチレンボードなどの7㎜の厚手のボードでも電動カット。作業時間の効率化と⼈件費の削減が可能で作業効率が向上します。
丸や三角などの曲線カットはできませんが、直接の切り落としになります。カッティング用のデータも準備する必要がない為、事前準備などはなくすぐカットができます。カット作業が大量にある印刷業の方にもおすすめです。

カット&プリンター 一体型機種の3つのメリット

近年、印刷後の後加工の効率化、設置スペースや導入費用の問題からプリンターでありながら、カッティング機能を搭載した機種も導入が増えております。
メリットは大きく3つございます。

1.設置が1台分だから省スペース

プリンターとカッティングプロッターをそれぞれ導入すると設置スペースも2台分必要になりますが、プリント&カット機なら1台分のスペースで2役可能です。

2.導入コストを抑えられる

プリンターとカッティングプロッターを合計2台購入より、1台で導入が可能でお得です。

3.オペレーションが簡単で効率化

プリンターとカッティングプロッターが別々のメーカーの場合は、作業データをそれぞれに作る必要がありますが、プリント&カット機なら同じドライバーから作業指示できるので、オペレーションが簡単です。

カッティング&プリンターの機種のご紹介

ミマキ CJV150-130

CJV150-130

鏡面のように美しい輝きをはなつ高級感あるシルバーとメタリック表現が可能です。
表現の幅が大きいことでサービスの差別化ポイントになります。

ロール1本のメディアを巻き取りながら正確にカットできる為、無人で大量に生産が行えます。
主にステッカーなど複雑な曲線のカットが必要な場合に適してます。

カッティング動画

ローランド TrueVIS SG2-540

新しいTR2インクと新しい印刷設定で、ステッカー印刷からクオリティの求められる商業の看板から電飾サインまで幅広く対応します。
またカットでも大量のステッカーを無人運転が可能。短納期、低コストを実現する優れたパフォーマンスです。

プリント&カット動画

HP DesignJet Z6(A1)・Z9(B0)

大判印刷業界において初めて、オートカッターと同等の垂直カットVトリマーを搭載したHP DesignJet Z6およびZ9プリンターの導入も増えております。

HP DesignJet Z6

垂直カットVトリマーでは、出力と余白部分のカット同時に行うことができ、業務効率化、時間短縮に貢献します。

余白のカット

垂直カットVトリマー機能付きのHP DesignJet Z6ならプリンターの中にカッターが搭載されているので、省スペースでかつ業務効率化、時間短縮に役立ちます。

カッティング動画

HP DesignJet Z6の細かな印刷&カット設定可能

では実際にどのような印刷&カットの設定ができるのか印刷設定についてご紹介致します。

印刷前にプレビューでカット位置を確認できる!

最もシンプルで簡単な印刷方法はHP Click です。
垂直トリマーを有効にすると、[HP Click]のプレビューに、垂直トリマーによってカットされる位置を示す切り取り線が自動でPC上にプレビュー表示されます。カットの失敗が減り、無駄な印刷を回避でき効率化になります。

切り取り線が自動でPC上にプレビュー表示

垂直トリマーの印刷レイアウトとマージンについて

4種類のレイアウトの中から選択でき、余白のマージンや水平カッターと垂直トリマーによりカットされる位置をグラフィック表示しています。

a.オーバーサイズ

この設定では、元のデータサイズと周囲5㎜に余白を残した状態でカットされます。
たとえば、元のサイズがA2の場合は、出力サイズは各サイドでA2+5mmになります。

オーバーサイズ

b.内容をマージンでクリップ

この設定ではイメージでは元のデータサイズでカットされます。
プロットのサイズは変更されませんが、イメージに5 mm(0.19インチ) のマージンが適用されます。イメージの一部が両端から5 mm未満にある場合は、その部分がクリップされます。

内容をマージンでクリップ

c.フチ無し – スケールアップ

この設定では元のサイズを拡大しフチなし印刷を実施します。
最終的な印刷ジョブが用紙全体をカバーし、最終印刷に空白がないことを確認するために、4つの各サイドにイメージを3 mm(0.12インチ)拡大します。
その後、各サイド3 mmを、垂直トリマーと水平カッターでカットします。
最終出力のサイズは、印刷パスで選択されている元のサイズです。イメージのスケールが拡大されます。

フチ無し - スケールアップ

d.フチ無し – スケールを維持する

フチ無し - スケールを維持する

このフチ無し方法では、元のスケールを維持したままジョ ブを印刷して、出力サイズを保ちます。さらに、イメージの部分的なクリッピングを回避し、すべての内容を印刷します。

4つの印刷設定をまとめ

  オーバーサイズ 内容をマージン
でクリップ
フチ無し
スケールアップ
フチ無し
スケ ールを維持する
スケールの
維持
×
元のサイズを、Xで3mm(0.12 インチ)、Yで3mm(0.12インチ)拡大します
内容の
維持
×
全4サイドで元の内容の端から5 mm(0.19 インチ)を空白にします
×
内容が拡大されるため、全4サイドで端から3 mm(0.12 インチ)をトリミングします
用紙サイズの
維持
×
全4サイドに5 mm(0.19 インチ)を追加します
印刷とカットの
精度
端部分に白い縞が 残る可能性が低く なります

まとめ

いかがでしたでしたでしょうか。

今回は働き方改革、業務効率化に貢献するカッティングプロッターについてご紹介しました。

カッティングプロッターのみでも効率化しますが、プリント付きのカッティング機もおすすめです。
メリットは大きく3点。

  • 設置が1台分だから省スペース
  • 導入コストが安い
  • オペレーションが簡単で効率化

今まで手作業で行っていた手間や時間がなくなるだけでなく、印刷とカットを1台で同時に行うプリンターを導入することで設置スペースの問題も解決いたします。

皆様の業務効率化のご参考にして頂ければ幸いです。

プリンターの選び・導入でお困りではありませんか?

複数のメーカーからお客様の課題、ニーズに合わせた機種を選定、ご提案します。
成功事例、ノウハウを培ってきた専門担当者がご対応します。

ページトップへ
概算でお見積り

お急ぎの方は、即座に概算見積もり書PDFを発行いたします。

製品名
お名前
会社名
搬入設置
都道府県
市区町村
電話番号
メールアドレス
検討段階
  閉じる