大判プリンター大特価SALE

大判プリンター・プロッターの
納品実績1,500台以上!
比較表 0 お問合せ・資料請求 お見積り 0120-522-664受付時間 9:00-18:00(平日)

大判プリンターブログ

【2020年】ものづくり補助金が採択されるポイント

印刷・サインディスプレイ業界で初めて補助金を検討している方必見!
~採択率が大幅アップした2020年の「ものづくり補助金」の特徴と採択されやすくなるポイント~

新型コロナウイルスによって、世の中の変化が加速しました。
印刷・サインディスプレイ業界においても、イベント自粛や広告費削減などで大打撃を受けた企業も多く、既存のビジネスモデルだけでは生き残りが難しい時代になってきています。
このような現状に打ち勝ち、持続可能な経営をしていくためには、「新しいビジネスモデルの構築」が必要不可欠です。

しかしながら、新規事業や新サービス開発には、高額な設備投資が付き物です。
「コロナによって先行きが不透明な中、設備投資なんてできない。」
「大幅な売上減で設備投資をする余裕なんてない。」
と感じてらっしゃる経営者がほとんどだと思います。

一方で、新型コロナウイルスの影響を受けた企業の経営者を支援するために、今年は国や自治体から多額の補助金や助成金が例年以上に多く発表されており、初期投資を抑えて設備投資をするには絶好のチャンスにもなっています。

そこで今回は、特に印刷・サインディスプレイ業界と親和性の高い2020年の「ものづくり補助金」の概要採択されるポイントをご紹介します。
特に初めて申請する企業の採択率が大幅にアップしており、これまで補助金を活用されたことのない企業こそ、チャンスに変える為の大きな武器となります。

そもそも補助金とは?

返済不要の公的な支援金のことです。
国や地方自治体が進めている施策や目的に合った事業を展開しようとしている事業主の取り組みに対し、返済不要で資金を提供してくれます。
ものづくり補助金はその中でも新しいものづくりなどに挑戦する中小企業と小規模事業者に交付される補助金です。

プリンターやカッティングマシンのような印刷機器にも使えるの?

もちろん使えます。
印刷・サインディスプレイ業界の補助金活用事例は非常に多いです。
また、新規設備導入にはもちろん、事業計画次第で設備の増設や買い替えにも使うことが可能です。

補助金申請って大変なんじゃないの?


ご自身で補助金を申請するのはかなりの労力が必要です。
本業をされながら、補助金の事務作業などに時間を割くことになり、時間的にも、肉体的にも非常に大変です。
また、採択後も事後報告書の作成も必要でこれも非常に大変ですので、補助金の申請代行については外部に委託し、必要最小限の手続きのみで実施されることを強くおすすめします。

ものづくり補助金の対象・助成額・採択率は?

対象企業:資本金3億円以下、従業員300人以下の中小企業、小規模事業者(製造業の場合)
上限額:最大1,000万円
補助率:最大2/3
採択率:例年40%前後ですが今年は大幅に上昇しており、直近2回の結果では60%以上採択されています。
実施回数:今年は3か月に1回実施が決定しており、今年度はあと4次(11月締切)と5次(2月締切)の実施が残っています。

申請方法は?

電子申請(gビズID)のみで受付となります。

https://gbiz-id.go.jp/top/

gビズIDの発行に2週間ほどかかる為、まだ悩んでいる場合でもこの電子申請だけは先に済ませておきましょう。
1度取得すれば別の補助金でも活用可能ですので、この機会に取得しておくと良いです。用意するのは印鑑証明書と謄本程度です。

申請に必要な書類は?

主な書類は

  • 事業計画書
  • 賃金引き上げ計画
  • 決算書(過去3期分)

その他必須ではないものの、採択に向け加点要素となる資料もあり、おすすめは

1.経営革新計画
2.事業継続力強化計画

の2点です。
この辺りの書類をミスなく、自社で一から用意するのは本当に大変です。
特にこれまで申請したことのない方は、外部委託を強くおすすめします。

今年度の特徴は?

まず「コロナ特別枠」が創設されました。
申請の条件は

  • A:サプライチェーンの毀損への対応
  • B:非対面型ビジネスモデルへの転換
  • C:テレワーク環境の整備

の3つです。

印刷・サインディスプレイ業界であれば「Aサプライチェーンの毀損」とマッチさせやすいです。
例えば看板の製造による設備投資であっても、「製品供給継続のための設備投資」と理由づけ申請できます。
特別枠で申請するメリットとして、もし特別枠で受からなくても加点された状態で再度一般枠として自動的に申請されます。つまり1度の申請の中で2回チャンスがあることになります。

また、11月締切の第4回より「グローバル型」が加わり、上限額が最大3,000万円となりました。
海外展開も考える企業はグローバル型での申請がお勧めです。

申請後のスケジュール

申請締め切り後、約1か月で採択結果が出ます。
採択が出たら交付申請をすぐ行います。こちらは申請書に記載するだけの為難しくありません。
その後交付決定から10か月以内に設備を導入する必要があります。

外部に委託した際の費用は?

大きく分けて2パターンあります。

1.着手金○円 + 採択時に助成額の○%を支払い
2.完全成果報酬で採択時に助成額の○%を支払い

おすすめは2の完全成果報酬型です。
なお弊社に設備導入をお任せいただく場合は、完全成果報酬で申請代行も無償で行っています。

採択されやすくなるポイント

まず、選定者は印刷・サインディスプレイ業界の専門家ではありません。
その為、「いかにわかりやすく、今の世の中に必要か」をPRすることが重要です。
例えば新型コロナウイルスの流行により、あらゆる業界で飛沫対策グッズが必須になっています。
具体的にするとアクリルパーテーションなどですが、この製造に必要な大型カッティング機を導入する為に申請する、というストーリーは「特別枠」にも絡めることができ、わかりやすい導入計画が作れます。
また、ユーザー事例をたくさん記載すると点数がつきやすい為、自社の売上上位ユーザーにあらかじめ提案し、おおよその見込みを作っておくことも必須です。

ものづくり補助金オンラインセミナーでストーリーづくりへ

印刷・サインディスプレイ業界の事業者様にとって、感染拡大防止の為に企業が大規模な販促を展開しづらく、展示会やイベントが延期・中止・開催縮小する今の状況は非常に苦しいと思います。
しかしだからこそ、この社会情勢から設備投資をして業態転換を図ることは理にかなっており、申請に向けたストーリーも作りやすくなっています。
ものづくり補助金についてもっと詳しく知りたい!という方は【動画セミナー】2020年の「ものづくり補助金」の概要と採択されるポイントの動画を視聴ください。

皆様の事業継続・発展に貢献できるよう、最新の情報をお届けできればと思います。
ご不明な点、補助金に関しての質問などございましたら下記までお気軽にご連絡くださいませ。
引き続きよろしくお願いいたします。

大判プリンター比較.jp サポートデスク
担当:吉田
TEL:0120-522-664

無料資料ダウンロード

【動画セミナー】2020年の「ものづくり補助金」の概要と採択されるポイント

【動画セミナー】2020年の「ものづくり補助金」の概要と採択されるポイント

ダウンロードする

プリンターの選び・導入でお困りではありませんか?

複数のメーカーからお客様の課題、ニーズに合わせた機種を選定、ご提案します。
成功事例、ノウハウを培ってきた専門担当者がご対応します。

ページトップへ
概算でお見積り

お急ぎの方は、即座に概算見積もり書PDFを発行いたします。

製品名
お名前
会社名
搬入設置
都道府県
市区町村
電話番号
メールアドレス
検討段階
  閉じる