大判プリンター・プロッターの
納品実績1,500台以上!
比較表 0 お問合せ・資料請求 お見積り
0120-687-333 受付時間 9:00~18:00(平日)

新しい付加価値!オンデマンド型のデジタル コーティングマシン(Mimaki DCF-605PU)

DCF-605PUの商品画像

アクリルキーホルダーなどの樹脂製品や金属製品の表面コーティングを行うデジタル・コーティングマシン
「DCF-605PUスプレーコートセット」モデルを2021年10月より販売を開始します。
今までプリンタ、カッティングプロッタの製造が主だったミマキエンジニアリングがこれから販売する「DCF-605PU」とはどのような機械なのか、何ができるのか深掘りをしていきたいと思います。

DCF-605PUの特徴

DCF-605PUとは

スプレー方式の超薄膜塗布でトップコート剤の消費量を最大限に抑え、エアー混入のない均一膜厚でコーティングを行うことができる、全く新しいオンデマンド型の「デジタル コーティングマシン」です。
アクリル、ポリカーボネイト、PETなどの樹脂素材やステンレスなどの金属素材の傷防止を目的とした表面保護と耐溶剤性の機能を付与し、印刷した製品に付加価値を付けることができます。また、マット調に仕上がるUVプリントに対して、コーティングを施すことで、意匠性の高いグロス調への仕上がりへ変容させることも可能です。

コーティング有無の比較
マット調とグロス調の比較

高付加価値を低ランニングコストで実現

DCF-605PUは超薄膜塗布を実現するスプレーバルブを搭載しております。バルブのマイクロメーターで流量を変更することができ、コーティングの膜厚と塗布幅を自在に調整可能です。約10μmの超薄膜塗布も可能なため、トップコート剤の消費量を最大限に抑えます。これにより必要最低限な個所のみを塗布することができ、経済的な低ランニングコストを実現します。
欲しい時にすぐに塗布、オンデマンド生産が可能で約20μmの膜厚塗布が標準となり、その標準膜厚で、A4サイズ 59秒、A3サイズ 1分32秒での高速コーティングを実現します。
溶剤の揮発時間が不要な無溶剤型UV硬化樹脂を採用したトップコート剤「TCU-100」を採用しているので、コーティング後すぐにUV硬化処理ができます。

オンデマンド生産に即対応

既存の手塗りのコーティングと比較して、事前調合が不要な1液型のトップコート剤と短時間で電源投入が可能なマシン設計なため、必要な時に即生産を開始させることができます。
以下が、アクリルキーホルダーにコーティングする際の一連の流れになります。

アクリルキーホルダー製作工程

製作工程の作業イメージ

素材セット治具

素材セット治具のイメージ

データさえあればコーティング処理が行えるのがデジタル・コーティングマシンの利点です。
職人の技術が必要な版作成の手間がなく、さらに版洗浄による汚染物を大量排出させる心配もないので、環境に配慮した設備となっています。

DCF-605PUでできること

トップコートを塗布することによりUV印刷面の保護につながります。さらにUVプリンタとの組み合わせで新しい価値を付加することができます。

製作物イメージ

まとめ

DCF-605PUの特徴は大きく分けて3つです。

  • 低ランニングコスト
  • 高生産かつオンデマンド生産に対応
  • 環境に配慮した1台

DCF-605PU Spray-coat

新しい付加価値
オンデマンド型の「デジタル コーティングマシン」

DCF-605PU Spray-coat
販売価格
標準価格4,103,000円(税込) 最安に挑戦

御見積り、実機見学、オンライン商談のお問い合わせはこちら

補助金や助成金の活用もお勧めしております

「2022年度 新しくなった補助金・助成金」を解説!

プリンターの選び・導入でお困りではありませんか?

複数のメーカーからお客様の課題、ニーズに合わせた機種を選定、ご提案します。
成功事例、ノウハウを培ってきた専門担当者がご対応します。


ページトップへ

メールマガジン
登録受付中

この先続行することで利用規約に同意したものとします。

閉じる
概算でお見積り

お急ぎの方は、即座に概算見積もり書PDFを発行いたします。

製品名
お名前
会社名
搬入設置
都道府県
市区町村
電話番号
メールアドレス
検討段階
  閉じる