次回から表示しない

大判プリンター比較.jpとは?

エプソン、キヤノン、hp などの多様なメーカーから、
お客様の課題・ニーズにあった機種を比較・選定します。

条件から探す

  • 1.圧倒的な実績 1,500台以上の納品実績
  • 2.ノウハウ満載 ブログや資料などで役立つ情報を発信
  • 3.リース契約可能 初期費用を抑えたい投資したい方は最適

商品を探す

最大用紙サイズから探す

ご希望のサイズから選択ください。
関連する製品の一覧へリンクします。

メーカーから探す

ご希望のメーカーから選択ください。
関連する製品の一覧へリンクします。

用途から探す

ご希望の用途から選択ください。
関連する製品の一覧へリンクします。

業種から探す

ご希望の業種から選択ください。
関連する製品の一覧へリンクします。

目的から探す

ご希望の目的から選択ください。
関連する製品の一覧へリンクします。

インクの種類から探す

ご希望のインクの種類から選択ください。
関連する製品の一覧へリンクします。

その他プリンターから探す

その他のプリンターから選択ください。
関連する製品の一覧へリンクします。

大判プリンターブログ

【予告編】 5年後に会社を潰さないための儲かるプリンターの選び方

大判プリンターの賢い選び方

大判プリンター選びは慎重に

いつも大判プリンター比較.JP をご覧頂きまして誠に有難う御座います。

大判プリンターはどれも見た目や表面的な用途は似てはいますが、実は、メーカーや機種によってマシンの特長やスペックが全くと言っていいほど大きく異なります
そのため大判プリンターで自社の課題やニーズにマッチした最適なメーカー、機種はどれなのか?慎重に選び抜く必要があります。

よくある大判プリンターの購入の失敗例

今まで付き合いのある取引先や、特定のメーカーの営業マンだけに話を聞いて、それを真に受けて購入してしまったり、旧機種の大判プリンターを所持している知り合いからひと昔前の古い情報や口コミだけを聞いて判断して購入したりしてしまうと、機種選定を失敗してしまう可能性が非常に高いです。

実際に、機種選定を誤ってしまい、本来の目的を十分に果たせずにせっかく購入した高額なプリンターがバックヤードで埃をかぶってしまったり、あとから結局買替えや増設をする羽目になってしまったりというユーザーも少なくはありません。

各メーカーの機種はそれぞれに一長一短あり、その中から自社にとって本当にベストな機種選定をするためには、考え方のコツと押さえておくべきポイントがいくつかあります。

本記事では、大判プリンターの機種選定で失敗しないための鉄則を一般企業の「内製化編」と、プロッターなどの「CAD図面出力編」、看板サインや印刷出力を生業とされている「プロユーザー編」の3回に分けてご紹介していきます。

第1回 50%以上の企業が後悔!?水性プリンターを購入する前に知っておくべき6つの鉄則

  • 鉄則1 導入の目的は何か?
  • 鉄則2 何をどのくらい制作したいか?優先順位をつける。
  • 鉄則3 制作物のサイズ、色数、掲示期間
  • 鉄則4 運用担当と設置場所は?
  • 鉄則5 コスト試算
  • 鉄則6 類似機種を比較する
【企業の内製編】大判プリンターを購入する前に知っておくべき6つの鉄則

第2回 【CAD図面出力編】CADプリンターを購入する前に知っておくべき6つの鉄則

  • 鉄則1 導入の目的は何か?
  • 鉄則2 何をどのくらい制作したいか?
  • 鉄則3 制作物のサイズ、色数、掲示期間
  • 鉄則4 運用担当と設置場所は?
  • 鉄則5 コスト試算
  • 鉄則6 類似機種を比較する
【CAD図面出力編】大判プリンターを購入する前に知っておくべき6つの鉄則

第3回 【印刷・看板業の経営層必見!】プロが教える絶対に後悔しない設備投資の選び方

  • 鉄則1 鉄則1 目的や戦略のない設備投資は必ず失敗する
  • 鉄則2 自社にベストなプリンターは目的や戦略によって全く違う
  • 鉄則3 マーケティング戦略のフレームワークでベストな機種を選び抜く
戦略を明確にした溶剤プリンターの選び方

― 大判プリンターの賢い選び方に関する記事はこちら ―
00 予告編: 5年後に会社を潰さないための儲かるプリンターの選び方
01 50%以上の企業が後悔!?大判プリンターを購入する前に知っておくべき6つの鉄則
02 知らなきゃ損!CAD図面用 プロッターを購入する前に知っておくべき6つ鉄則
03 印刷・看板業の経営層必見!プロが教える戦略を明確にしたプリンターの選び方

大判プリンターの賢い選び方

ページトップへ