大判プリンター選定を無料サポート!複数メーカーからベストなご提案

大判プリンターブログ

耐候性の高いポスター・横断幕に最適なプリンター

皆さま、いつも大判プリンター見積もり・比較.JPをご覧頂きまして誠に有難う御座います。
今回は耐候性の高いポスターや、横断幕に最適なプリンターのご紹介です!

長期的にみるとラテックスプリンターがお得

のぼり耐候性の高いポスターや横断幕作成におススメなのが「ラテックスプリンター」。
近年でも看板サイン業界のみならず、一般企業のポスター室でも「ラテックスプリンター」を導入する事例やお問合せが増えてきております。

ラテックスがおすすめの理由としては、コスト削減です。
屋外用途で日光や雨、風などで、色褪せ・色落ちのない耐候性の高いポスターや横断幕を内製化していくことで今までの外注コスト、そしてランニングコストの大幅な削減に成功されているようです。

しかしながら、ラテックスプリンターの本体価格は他の水性プリンターと比べ約3倍~4倍程度もするため、確かにイニシャルコスト(初期費用)はかかります。
しかしながら長期的な視点で見てみると、様々なメリットが大きいようです。もう少しその理由を紐解いていきましょう!

ラテックスプリンターの主な導入メリットとは?

1.ラミネートフィルムなしで屋外3年の耐候性

特に水性の大判プリンターだけでポスターや看板を内製化されている企業様だと、屋外で長期間掲示するポスターや看板の色褪せや色落ちで悩まれているということが多く、溶剤プリンターで出力してもらえる看板屋に出力を外注して結局コストがかかってしまっているケースが多いのではないでしょうか? 一日中日光の当たる場所や、雨ざらしの場所は特に日に焼けて色褪せてしまったり、雨で色落ちをしてしまう事が多く、せっかく作って掲示した大量のポスターをまた一から作り直しになるということも起こりえます。
そしてさらにラミネートフィルムも必要な場合もあります。

ラテックスプリンターで使用されているラテックスインクとは、水性インクの1種ですが、他の水性インクとは異なり、熱でインクをラテックス塗膜成分で包み込み、メディアに定着させる方式ですので、完全に防水が保たれ、溶剤プリンター同等の屋外でラミなしで最大3年もの高い耐候性が得られます。

ちなみに「ラテックス」とは本来「天然ゴム」という意味ですが、ゴム成分は含まれておりません。柔らかく、しなやかなインクの特性から名づけられたそうです。

屋外バナー & イベントバナー

2.ランニングコスト(水性プリンターの約半額)

コストダウンラテックスプリンターは単純にインクカートリッジ自体のメーカー定価設定が非常に安価に設定されているため、ランニングコストも非常に魅力的です。
(なんと775mlの大容量インクで定価だと16,000円です。是非現状のインクとml単価を比べてみて下さい。)
さらに上記のインク定着の方式の違いから受理層のないメディアにもインクを定着させるとこが出来ます。
そのため、より安価で幅広い種類のメディアへの印字が可能ですので、メディアとインクの両方向からコストを大幅に下げることが可能となります。

3.速乾性が高い(出力と同時に乾燥)

速乾性が高い通常の溶剤プリンターですとインクを乾かすまでに数時間も乾燥時間がかかってしまいますが、ラテックスプリンターは熱で硬化させてインクを定着させる方式のため、出力と同時にインクが乾燥しています。
そのため、「今日中にどうにかしてポスターが欲しい。」というような急遽の依頼や、短納期のお仕事にも対応する事が可能です。

4.インクが無臭のため換気装置不要(一般企業のオフィス環境での使用可能)

前半_r5_c1ラテックスインクは水性インクのため無臭です。
溶剤プリンターのような独特な嫌な臭いを発したりしないため、もちろん換気装置も一切不要です。
そのため、一般企業様のオフィス環境でも導入をしやすいプリンターと言えます。また無臭のため飲食店のポスターや壁紙出力にも向いています。

ラテックスプリンターの可能性とは?

ラテックスプリンターですが認知度は水性に比べまだまだですが、その性能は自信を持っておすすめできます。環境面でも優れていることから、住宅や病院の壁紙などのプリントなど新たなビジネスの目的のための手法としても注目されております。

ラテックスプリンターを御社のオフィスにも導入することによって、屋外用途で耐候性の高いポスター・看板・横断幕を内製化し、大幅なコスト削減にお役立て頂ければと思います。以下ラテックスプリンターについて詳細をご覧いただけます。

ラテックスプリンターについて
ページトップへ